発毛阻害の生活習慣

薄毛や抜け毛の原因には、生活習慣がもとになっているものもあります。まず、生活習慣から抜け毛になる主な原因を確認しましょう。喫煙と飲酒、過度なストレス、睡眠時間の減少、食生活の乱れなどがあげられます。喫煙は血行を阻害することから髪に必要な栄養を送り届けることが難しくなります。飲酒も結果的に体を冷やすことから血行不良を起こし、抜け毛の原因になりがちです。

ストレス日常的にストレスが多いと交感神経が活発になり、血管は収縮します。血液の流れが悪いと、栄養や酸素を送る機能が低下して、体の老廃物を排出する機能にも低下が見られるようになります。頭皮を含め全身の新陳代謝の機能が下がると言われています。

また、過度なストレスを受けていることから睡眠時間の減少にも繋がるでしょう。眠っている間に分泌される成長ホルモンは、その日に受けたダメージを修復する働きが期待されています。女性には「肌のゴールデンタイム」と呼ばれており、美肌に効果があると言われます。頭皮にも同じ効果が期待できますが、睡眠時間が少ないと、成長ホルモンの作用も低下すると考えられています。

最後に、食生活が乱れることによって髪にも健康にも必要な栄養が、十分に摂取できない状態が起こります。生命を維持する機能が優先となるので、髪に栄養が良く届く可能性が極めて低くなるでしょう。